コンジローマの原因

投稿日:

性感染症は一度かかると結構やっかいなことも多く、治療はできるだけ早くしておいたほうがいいのですが、自覚症状が出てくるまでに時間がかかるため、なかなか自分でも気が付かないことのほうが多いと言われています。
特にコンジローマは潜伏期間がかなり長くて、1か月〜6カ月程度体内に潜伏したまま自覚症状が出てこないこともあるそうなので、そうすると自覚症状がない分いつも通りに生活してしまいますし、パートナーや配偶者がいる場合は性交渉を持つこともあるでしょう。

しかしコンジローマの根本的な原因は性交渉で、ここが感染経路になっているため、たとえば自分がコンジローマにかかっている状態でパートナーや配偶者と性交渉を持てば当然コンジローマに感染してしまう可能性が高くなります。
そうするとお互いにコンジローマにかかってしまっている状態なので、どちらかが治療したとしても、どちらかが治療していなければまたコンジローマにかかってしまうリスクも出てきますので、そうならないためにも定期的に性病検査をするなど対策が必要です。

先ほどコンジローマの根本的な原因は性交渉だと言いましたが、これは必ずしもセックスだけに限らず、たとえばオーラルセックスによる感染もありますので、男性の場合は陰茎に出てくることが多いのですが決してそこだけではありません。
口、特に喉に出てくることもありますので、イボのようなブツブツが出てくるようになったら一度コンジローマを疑ってみたほうがいいですし、たくさん出てくるようであればおそらく感染している可能性が高いと思われます。

原因が性交渉にあるということはとてもやっかいである反面、注意すれば予防できることでもありますので、不特定多数の人と性交渉を持たないこと、パートナーや配偶者と性交渉をするのであれば定期的に性病検査を受けることを意識しておくといいでしょう。
性病の検査は男性の場合は泌尿器科やメンズクリニック、女性の場合は婦人科かレディースクリニックで受けられますので、あらかじめ予約して検査を受けて下さい。

ただし性病検査は性病の予防のために受けることがほとんどなので、この場合は保険適用外になってしまう可能性があります。
自由診療になるとその分割高になってしまいますから、かかりつけ医を持っておくとある程度融通を利かせてくれて定期的な性病検査も保険適用で受けさせてくれるかもしれませんので、かかりつけ医を持つようにしてください。